ふくらはぎが筋肉痛になってしまった時の対処法

たったままの状態で長時間仕事をしていたり、激しく体を動かしたりすると、それだけふくらはぎにも大きな負担をかけてしまうことになります。これによって、ふくらはぎで筋肉痛になってしまったのであれば、それだけふくらはぎの筋肉に対してダメージを与えてしまっていたと考えることができますよね

 

。筋肉が疲労してしまって固まってしまっている状態になっているのですから、しっかりマッサージをしてもみほぐしてあげるようにしましょう。特に入浴後というのは、リラックスしている状態ですので、マッサージをすると、筋肉痛による痛みを緩和しやすくすることが可能になります。マッサージ以外にもストレッチをするという方法もいいですね。

 

ストレッチをするときも、入浴後のように血行がよくなっている状態で行ったほうが効果を高めやすくすることができるようになります。ふくらはぎだけをマッサージするのではなく、内太もももマッサージをしておくことで、足全体のリンパ液の流れを良好にしていくことができるようになります。ですので、疲労物質や老廃物を排出しやすくすることができますので、足のむくみにも有効になっています。なので、普段からお風呂から出たら毎回マッサージをすることを日常的に行うようにした方がいいでしょう。

 

相当激しい運動をしてしまい、歩くのも苦痛になるほどの筋肉痛になってしまっているのであれば、しっかり栄養補給をすることも大切です。例えば、クエン酸と言われる成分があるのですが、疲労物質である乳酸を肝臓に送って分解しやすくすることができるようになったり、さらさらした状態の血液にしてくれる働きを持っているとされています。ですので、クエン酸を豊富に含んでいるお酢やレモンなどのような酸っぱいものをしっかり食べるようにしてみてください。

 

この他にも、アーモンドやレバーなどに含まれている亜鉛をしっかり摂取することもおすすめです。体を動かすと、疲労物質の乳酸が筋肉に蓄積されてしまいます。これがふくらはぎなどで筋肉痛の痛みを発生させてしまっているのです。クエン酸は乳酸を回収して分解を促進させる働きを持っていますので、筋肉痛にとても有効な成分になっています。