引越ししたら近隣に挨拶しよう

引越しとなると、荷物の輸送や各手続きの他にお世話になっている大家さんや不動産、更には、近隣の住民に挨拶する必要があります。基本的にお世話になった大家さんや不動産、近隣の住民への挨拶は、数日前から前日であり、引越当日に挨拶するとなるとバタバタしやすいため余裕を持って数日前から前日までには、済ませておきましょう。

 

また、新居へ引越した際にもこれからお世話になる大家さんや不動産、近隣の住民への挨拶を行う必要があります。こちらの場合は、引越当日もしくは、翌日までに挨拶することが基本であり、出来るだけ夜間の時間帯は避けて昼間の明るい時間帯に行うと良いでしょう。

 

引越しの際に挨拶する範囲ですが、大家さんや不動産の方は、もちろん、一軒家の場合は、前後左右1〜2軒目先まで行うのが基本となり、アパートやマンションの場合には、左右と下の階の住民へ挨拶を行うのが基本となります。

 

口頭での挨拶の他に品物を送る必要もあります。品物と言っても別に高いものである必要はありません。一般的に引越の際の挨拶と共に送る品物は、タオルや洗剤、石鹸などの普段良く使用する品物を送る事が普通であり、喜ばれる事が多く、値段は、1,000〜2,000円程度が多いようです。

 

食べ物は、人によって好き嫌いが別れるため送る品物としては、避けた方が無難と言えます。引越しの際の挨拶や品物を送る事は、その後の関係を良好に保つために絶対必要であるため引越の際には、必ず行うようにしましょう。